×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

4DJ - DJ講座 - 初心者から機材買い替え検討まで

DJ-school DJ講座 初心者向け講座から上級者向け機材解説まで
MENU
TOP
まえがき
DJとは
DJってなに?
DJはなにをしているのか

DJをするために必要な機材
ターンテーブル編
CDJ編
針・カードリッジ編
ミキサー編
ヘッドフォン編
スピーカ・アンプ編
DJセット編

PR



セッティング<
レコードの聴き方
練習するにあたって
ミキサーの使い方
カットイン
MIX-MIXとは
MIX-ピッチあわせ
MIX-クロスフェード
MIX
選曲

DJ講座(応用編)
スクラッチ
イコライザ
2枚使い
3台使い
バックスピン
電源切り

DJ講座(特講)
スクラッチ講座

とりあえず擦る
トランスフォーマスクラッチ
スクラッチその1
スクラッチその2
スクラッチその3
スクラッチその4

DJ講座(特集)

DJラック特集
DJ関連書籍特集
レコードはどこで買う?
CDでDJ
PCでDJ
MIXCDの作り方

DJ講座>>レコードの聴き方

レコードの聴き方

レコードプレーヤーに触れたことがない人が多いこの世の中、いきなりDJの話をしても、アレなので、ここではレコードの聴き方を説明します。もうそれぐらいわかっている人は飛ばしてください。

さて、まずはアナログ盤(レコード)を袋から取り出します。そして、アナログ盤の中心の穴にターンテーブルの真ん中の出っ張りが入るようにおきましょう。


そうしたら、回転数をボタンを押して回転数を選択します。回転数はレコードによって違い、基本的にはレーベル面に書いてあるはずです。

次に、再生ボタンを押してターンテーブルを回転させます。レコードがきちんとターンテーブルに載っていないとちゃんと回転できないので注意しましょう。

針をレコードに下ろします。ゆっくりと一番外側の何もないところにおいてみましょう。

すると再生されるはずです。どうですか?案外簡単でしょう。

次は針を上げて、適当な位置に置いてみましょう。すると、曲の途中から再生されます。これはCDやテープにないアナログターンテーブルにしかできないことですね。

レコードの再生方法を学んだ

曲の中から再生ができる




©2005 4DJ-DJSchool
ilovetechno@yokozuna.co.jp