×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

4DJ - DJ講座 - 初心者から機材買い替え検討まで

DJ-school DJ講座 初心者向け講座から上級者向け機材解説まで
MENU
TOP
まえがき
DJとは
DJってなに?
DJはなにをしているのか

DJをするために必要な機材
ターンテーブル編
CDJ編
針・カードリッジ編
ミキサー編
ヘッドフォン編
スピーカ・アンプ編
DJセット編

PR



セッティング<
レコードの聴き方
練習するにあたって
ミキサーの使い方
カットイン
MIX-MIXとは
MIX-ピッチあわせ
MIX-クロスフェード
MIX
選曲

DJ講座(応用編)
スクラッチ
イコライザ
2枚使い
3台使い
バックスピン
電源切り

DJ講座(特講)
スクラッチ講座

とりあえず擦る
トランスフォーマスクラッチ
スクラッチその1
スクラッチその2
スクラッチその3
スクラッチその4

DJ講座(特集)

DJラック特集
DJ関連書籍特集
レコードはどこで買う?
CDでDJ
PCでDJ
MIXCDの作り方

DJ講座>>準備編>>ヘッドフォン編

ヘッドフォン
 

なぜヘッドフォンを使うのでしょうか?

DJは2台のターンテーブルを使って曲と曲をつないでいきます。このとき、今かけている曲はもちろんスピーカーから流れていて聞き手(お客さん)に聞こえています。ここから次の曲とつなげようとするときに、どの部分からつなげるか(これを頭だしといいます)、再生速度をあわせる必要があるため、次のかける曲を聞く必要があります。このことをモニタリングといいます。

しかし、モニタリングの際に次の曲をスピーカーから聞くとお客さんにも聞こえてしまうためスピーカーを使うことはできません。

というわけで、ヘッドフォンを使う。というわけです。

DJは片耳でスピーカーの音つまり今かけている曲を聞き、もう片方の耳ではヘッドフォンの音、次にかける曲を聞いているわけです。

どんなヘッドフォンがいいのか

では、どのようなヘッドフォンがDJに適しているのでしょうか?

先ほども行ったように、DJは片耳でスピーカーの音を聞き、もう片方の耳でモニタリングをしているといいました。そのため外部からの音が入りにくいヘッドフォンでなければなりません。密閉性が高いものや、耳に当たる部分が大きいものがよいでしょう。

また、クラブでは外部スピーカの音は、超大音量なので、その中でモニタリングするためには、いくら外部の音を遮断することができても、ヘッドフォンの音量を上げる必要があります。ヘッドフォンの音量を上げていくとヘッドフォンの入力限界を超えて音が割れてしまいます。割れてしまってはモニタリングはできません。つまり、大入力をいれても割れないヘッドフォンでなければなりません。また、同じ大きさの入力でもヘッドフォンによって音の大きさはまちまちです音の大きさはヘッドフォンのインピーダンスによって決まります。インピーダンスが高いほど大きな音がでるので、インピーダンスの高いものを選んだほうがよいでしょう。

最後に、片耳で聞くわけですから、片耳で聞きやすいヘッドフォンがいいでしょう。

ベストチョイス

■SONY MDR-Z700DJ
Click Here!
プロ使用に耐える高耐入力で原音を忠実に再生。プレイ中の動きにも柔軟に対応。プロDJのこだわりに高レベルで応えるDJモニター用ヘッドホン!プロのDJもつかっていますね。私も使っています。

■Technics RP-DJ1200S

イヤーパッドがあらゆる方向に固定可能なDJ用ヘッドフォン。軽くて使いやすいので、HIP HOP DJやR&B DJに人気があります。

密閉性が高く、高耐入力なものを選ぼう




©2005 4DJ-DJSchool
ilovetechno@yokozuna.co.jp