×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

4DJ - DJ講座 - 初心者から機材買い替え検討まで

DJ-school DJ講座 初心者向け講座から上級者向け機材解説まで
MENU
TOP
まえがき
DJとは
DJってなに?
DJはなにをしているのか

DJをするために必要な機材
ターンテーブル編
CDJ編
針・カードリッジ編
ミキサー編
ヘッドフォン編
スピーカ・アンプ編
DJセット編

PR



セッティング
レコードの聴き方
練習するにあたって
ミキサーの使い方
カットイン
MIX-MIXとは
MIX-ピッチあわせ
MIX-クロスフェード
MIX
選曲

DJ講座(応用編)
スクラッチ
イコライザ
2枚使い
3台使い
バックスピン
電源切り

DJ講座(特講)
スクラッチ講座

とりあえず擦る
トランスフォーマスクラッチ
スクラッチその1
スクラッチその2
スクラッチその3
スクラッチその4

DJ講座(特集)

DJラック特集
DJ関連書籍特集
レコードはどこで買う?
CDでDJ
PCでDJ
MIXCDの作り方

DJ講座(準備編)>>CDJ編

CDJとは?

DJをやるためにはレコードとレコードプレーヤーがいると思いがちですが、最近はCDJという、CDを使ってDJができる機材が発売されており、CDだけでもDJが可能です。

CDJは「DJ向けCDプレーヤー」で、ピッチ変更機能などDJに必要な機能が備わったCDプレーヤーです。 最近は、まるでレコード用ターンテーブルとかわらない機能や操作性を備えたものも多く、ターンテーブルを全く使用せずにCDJのみでDJを行う人も多いようです。

4DJ CDJのメリット
■CDJを使うメリット

1.CDが使える
CDを使うことができます。レコードでは発売されていない曲や、入手が困難な曲をかけることができるのは大きなメリットです。 また、あまりレコードを持っていないけどCDならたくさん持っているという人にも大きなメリットがあります。 さらに、もし曲を自作しているような人ならば、自作曲をCDに録音することで気軽にかけることもできます。

2.針飛びがない
普通のターンテーブルではどうしても、針が飛んでしまいます。
CDJでは針がどんなに激しくスクラッチしても針飛びがありません。

3.音質がよい

■CDJを使うデメリット

1.すべてのクラブに常設していない

どのCDJを買えばいいのか

CDJは多くのメーカーから多数発売されており、どれを買えばよいか迷って人も多いでしょう。4DJとしてお勧めなのがパイオニアのCDJです。

なぜパイオニアのCDJをお勧めするのかというと、ほとんどのクラブがパイオニアのCDJを置いているからです。CDJはターンテーブルとは違ってメーカーや機種ごとに使い勝手が異なるため、家とクラブとで違う機材だと慣れるまで時間がかかってしまう可能性が高く、せっかく練習してもよいプレイができなくなってしまうかもしれません。家とクラブが同じ機材であることは大きなメリットといえるでしょう。

そんなパイオニアのCDJですが、いくつかの機種があります。

■PIONEER!CDJ-1000mk3

パイオニアの最高峰CDJがCDJ-1000mk3です。
値段は非常に高い!ですが、世界中のイベントやトップDJも使用しているモデルです。

■CDJ-800mk2

上のCDJ1000よりワンランク下のモデルです。
常設しているクラブも多く、また安いためお勧めです。

クラブでやらないとか、現場にCDJを持ち込むという方なら、違うメーカーからお気に入りの機材を選ぶのもアリです。
DJ機材専門店の OTAIRECORD さんでCDJを多数扱っており、説明も充実しているので気になる方はチェックしてみてください。

CDJをつかうとCDでDJができる

パイオニアがお勧め




©2005 4DJ-DJSchool
ilovetechno@yokozuna.co.jp