×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

4DJ - DJ講座 - 初心者から機材買い替え検討まで

DJ-school DJ講座 初心者向け講座から上級者向け機材解説まで
MENU
TOP
まえがき
DJとは
DJってなに?
DJはなにをしているのか

DJをするために必要な機材
ターンテーブル編
CDJ編
針・カードリッジ編
ミキサー編
ヘッドフォン編
スピーカ・アンプ編
DJセット編

PR



セッティング<
レコードの聴き方
練習するにあたって
ミキサーの使い方
カットイン
MIX-MIXとは
MIX-ピッチあわせ
MIX-クロスフェード
MIX
選曲

DJ講座(応用編)
スクラッチ
イコライザ
2枚使い
3台使い
バックスピン
電源切り

DJ講座(特講)
スクラッチ講座

とりあえず擦る
トランスフォーマスクラッチ
スクラッチその1
スクラッチその2
スクラッチその3
スクラッチその4

DJ講座(特集)

DJラック特集
DJ関連書籍特集
レコードはどこで買う?
CDでDJ
PCでDJ
MIXCDの作り方

DJ講座(準備編)

必要な機材

ここではまずはDJをするために必要な機材について紹介しましょう。

 DJをするためにまず必要なのがレコードを再生するターンテーブル。これがなければ何も始まりません。最近ではCDでDJができるCDJというDJ用CDプレーヤーが発売されていて、CDでDJも可能です。MIXするためには最低でも2台必要で、なかには3台使用するDJもいます(特にミニマルテクノDJに多い)。なお、アナログレコード用ターンテーブルでは「レコード針」と「カードリッジ」が必要となります。レコードはプラスチックの円盤に彫られた溝にそって「針」が振動し、それをカードリッジで電気信号に変えることで音楽の再生しています。

 次に必要なのがDJミキサーです2台のターンテーブルからでる音を混ぜて曲と曲をMIXするために必要となります。DJミキサーにはさまざまな種類が発売されており、その中から選ぶのはなかなか難しいことです。選択する際は音楽のジャンルやミックススタイルを基準にするとよいでしょう。このことは長くなるのでおいおい述べることにします。
 また、一般的DJといえば方耳でヘッドフォンを聞いている姿を想像するように、ヘッドフォンが必要です。次にかける曲やスクラッチするネタなど、実際にスピーカーから出ていないほうのターンテーブルの音をモニタリングするために必要です。

 最後に必要なのがスピーカーとアンプです。あたりまえですが、これがないと何も聞こえません。とりあえずは、外部入力つきのミニコンポや、パソコン用パワードスピーカーでもOKですが、金銭的に余裕がある人はモニタ用パワードスピーカーを買ったほうが良いでしょう。

DJをするためには

ターンテーブル2台以上
ミキサー
ヘッドフォン
スピーカ&アンプ(パワースピーカーやコンポ)

が必要




©2005 4DJ-DJSchool
ilovetechno@yokozuna.co.jp