×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

4DJ - DJ講座 - 初心者から機材買い替え検討まで

DJ-school DJ講座 初心者向け講座から上級者向け機材解説まで
MENU
TOP
まえがき
DJとは
DJってなに?
DJはなにをしているのか

DJをするために必要な機材
ターンテーブル編
CDJ編
針・カードリッジ編
ミキサー編
ヘッドフォン編
スピーカ・アンプ編
DJセット編

PR



セッティング<
レコードの聴き方
練習するにあたって
ミキサーの使い方
カットイン
MIX-MIXとは
MIX-ピッチあわせ
MIX-クロスフェード
MIX
選曲

DJ講座(応用編)
スクラッチ
イコライザ
2枚使い
3台使い
バックスピン
電源切り

DJ講座(特講)
スクラッチ講座

とりあえず擦る
トランスフォーマスクラッチ
スクラッチその1
スクラッチその2
スクラッチその3
スクラッチその4

DJ講座(特集)

DJラック特集
DJ関連書籍特集
レコードはどこで買う?
CDでDJ
PCでDJ
MIXCDの作り方

DJ講座>>DJとは

DJってなに?
DJをほとんど知らない人にとって、なんだか2台のターンテーブルの前で肩耳にだけヘッドフォンをして、レコードを擦っている。というイメージをもっている人がほとんどだと思います。そこで、ここではDJとはいったい何なのか?何をしているのかを考えて見ましょう。

DJは何をしているの

一般的にDJは「クラブDJ」と「バトルDJ」2つに分類できます。基本的にクラブDJはお客さんを踊らせるのが目的であり、バトルDJはテクニックを見せるのが目的です。クラブDJは選曲をして、その曲をつなげて、お客さんを楽しませます。一方、バトルDJはスクラッチなどのテクニックを駆使してテクニックを見せて楽しませます。両方に共通するのは「ターンテーブルとミキサーを使って音を鳴らし、お客を楽しませる」です。しかし、その楽しませ方が違うのです。

さて、このサイトでは基本的に前者の「クラブDJ」について語っていこうと思います。以降、DJと言えばクラブDJの事を指すので誤解のないようによろしくお願いします。クラブに行った人ならわかると思うのですが、DJは曲と曲を途切れなく、つないでいきます。2台のターンテーブル(レコードプレーヤー)を使っているのはそのためで、片方のターンテーブルで、曲を流し、もう片方のターンテーブルでは次に流す曲を待機させておきます。いま流れている曲が終わりそうになったとき(実際はいつでもいいのですが、話を簡単にするため、ここではこうしましょう)、もう1台のターンテーブルに待機させて置いた曲を再生して、曲と曲の間が途切れないようにつないでいきます。これをMIXといいます。クラブDJは何をやっているのか。それはMIXをしているわけです。

しかし、曲をつなげるだけがDJではありません。MIXで重要なことは選曲です。ふと自分の知っている曲がかかって、嬉しくなったり、ぜんぜん知らない曲がかかって、あー良い曲だなと思ったり・・・。そんな経験がきっとあるはずです。DJは選曲が命だといっても過言ではありません。つなぐ技術があまりなくても、選曲のよさで場を盛り上げるDJは大勢います。DJと言えばラジオDJがいますが、選曲をするという点では全く同じですね。

DJにはクラブDJバトルDJがいる

クラブDJは曲と曲を途切れることなく絶え間なくかけ続ける(これをMIXすると言う)




©2005 4DJ-DJSchool
ilovetechno@yokozuna.co.jp